介護住宅改修

  • HOME »
  • 介護住宅改修

介護保険の住宅改修

介護保険の住宅改修介護保険の住宅改修とは、身体機能が低下して介護が 必要な状態になった高齢者が、在宅で安全に、自立した 生活を送るための住宅改修を指します。要介護者・要 支援者とも給付の対象となります。原則1人1回20万円を 上限として、費用の1割が自己負担となります。 利用者の心身の状況や状態を確認してから改修していた だきますので、改修前に担当のケアマネージャーか、 お近くの居宅介護支援事業者へご相談ください。

介護保険給付対象となる工事

1.手すりの取り付け

1.手すりの取り付け

手すりの取り付けを行います。

2.段差の解消

2.段差の解消

敷居を低くする、スロープの設置、浴室の床のかさ上げ等。

3.ドアから引き戸等に変更

3.ドアから引き戸等に変更

扉全体の取り替え、ドアノブの変更、戸車の設置など

4.和式から洋式への変更

4.和式から洋式への変更

洋式便器等へ取替えます。

Before&After

下記がリフォームの一例です。 介護保険の住宅改修

お問い合わせ

会社概要
お問い合わせ
Copyright © 時建築 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.