災害時の保険金

  • HOME »
  • 災害時の保険金

火災保険を利用出来るケース

火災保険を利用出来るケース火災保険はその名称から「火災事故にしか使えない」と 思われがちですが、実際は「風災・雪災・雹災」 「雨漏り・水濡れ」「水災」「突発的な事故」「盗難」 など住宅に関する様々な損害を補償する住まいの保険です。 例えば、台風(強風)や豪雨などにより、屋根や外壁に 異常が発生して雨漏りなどすると適用範囲 となります。 給排水による被害も適用内です。

保険適用事例

事例と致しましては、以下の例が挙げられます。 img_602

  • 台風や強風で瓦が飛散して部屋の中へ雨漏りした。
  • 豪雨により屋根瓦が、とくに棟(屋根の頂上部分など)が崩れ雨漏りした。
  • 積雪・落雪・ヒョウで破損した。
  • 飛散してきた物が屋根の雨樋や外壁などを破損した。

経年劣化と思われても十分に火災保険で修理できる可能性はあります。
まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせ

会社概要
お問い合わせ
Copyright © 時建築 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.